巻き寿司の巻き方簡単なコツと動画!巻きす道具がない時の代用法も

【記事公開日】2018/12/09





節分の日や普段などでも、巻き寿司を作る人も多いと思います。

でも何度やっても上手く巻けない時は、コツがあるのでそれさへ解ればキレイに巻くことができますよ^^

 

また余り巻き寿司を作らない場合は、家に巻きすがない場合もありますよね。

そんな時にラップや他の道具で巻きすの代わりに代用できるものがありますので、そちらも紹介します。

 

コツさへ掴めば、簡単にできる巻き寿司。

一度チャレンジしてみてくださいね!

 
 巻き寿司の簡単な巻き方のコツと、巻きすの代用になるものが解ります


Sponsored Link

簡単な巻き寿司の巻き方のコツと動画

巻き寿司 巻き方 簡単

巻き寿司の巻き方のコツは下記の4つに注意すれば、失敗しにくいです。

  • すし飯をのりの上に均一に広げ手前と両端は5mmあけ奥は3cmほどあけておく
  • 具は中心に置き、バラける具は奥側に
  • 同じ色の具を並べないようにすると断面がきれいに
  • 巻く時は一気に巻く

こちらの動画で、部分的なポイントの説明がありますが、ご飯を広げる時に力を入れて潰さない、どの部分に具を乗せるとよいかなどがわかりますので、参考になりますよ^^

のりは裏表がありますので、ザラザラした方にご飯を乗せてください。

そして極めつけはこのガッテンの動画。失敗しやすい事例などがわかります。

ちなみに細巻きはのりを半分にして巻きます。

細巻きは100均のダイソーで、ご飯を型に詰めて具を入れ上から押せるグッズがありますよ^^

海苔に巻くときは型から出したご飯を、海苔に乗せてそのまま手でくるくる巻けばいいので便利です。

巻き寿司レシピ

巻き寿司を4本作る時のご飯の量や具のレシピです。

また太巻きに使うご飯の量は、約250gくらいが巻きやすいですよ

  • お米3合分(水加減をやや少なめに)約4.5本分くらいできる
  • 昆布(10cm)1枚(戻して炊飯器にいれます)
  • 酒大さじ1
  • 焼き海苔(全形)4枚

そして寿司酢です。基本の量ですが好みで少し甘めなどにしてもいいかも。

この寿司酢をいれるため、ご飯を炊く時にいつもより水加減をやや少なめにしています。

  • 酢大さじ5~6
  • 砂糖大さじ2
  • 塩小さじ1

酢飯を美味しく作るポイントは、炊きたてのご飯をすぐにボールなどに入れてすし酢を合わせ、ご飯を切るような感じで酢とご飯を混ぜたら大きめの大皿などに移し替えてうちわなどで仰ぎ余分な水分を飛ばすと美味しくなります。

 

最後に定番の太巻きの具です。

恵方巻きにする時は七福神にちなんで、7種類の具をいれると良いといわれていますので、きゅうりなどもう1品プラスするといいかも^^

  • 高野豆腐の煮物2枚
  • 干ししいたけの煮物8枚
  • かんぴょうの煮物4本
  • 卵焼き1個
  • 鯛でんぷ大さじ4
  • 三つ葉1束

これが巻き寿司の基本の巻き方&レシピになりますが、家に巻きすがないという人も多いですよね。

そんな場合は、何か家にある道具で代用できるのでしょうか。

 

また巻きすは100均にもありますので、中の具を変えて巻き寿司をいろいろ作って見ようかなと思う場合は1つあると便利ですよ。


Sponsored Link

巻き寿司で巻きすがない場合の代用は

巻き寿司 巻き方

巻き寿司を作る場合は巻きすがあると便利ですが、ずっと使わないで放置しておくと、湿気が多いキッチンなどでは巻きすにカビが生えることもあり、持っていたけれど捨ててしまった、もともと持っていない人も多いキッチン道具の1つです。

 

巻きすがない場合に代用として使える道具がこちら。

  • ラップ
  • クッキングシート
  • アルミホイル
  • 牛乳パック

一番使いやすいのがラップです。

サランラップなどちょっと硬めでしっかりしているものが使いやすいですが、ふにゃっとしたラップなら何か包装紙などをひいてその上からラップを引くと強度がでますよ^^

アルミホイルやクッキングシートなども同じで、柔らかくて巻きにくい場合は包装紙などを追加して巻くと巻きやすくなります。

 

ただ最後の牛乳パックはしっかりしているのですが、巻きすに使うためにはひと手間が必要でちょっと面倒です。

飲み口や底の部分の余計な所を切り落として、硬いのでカッターなどで薄く筋を入れてフニャフニャにさせたり、裏からボールペンの蓋など硬いものでこすってヘロヘロにさせるなど、かなり手間がかかるため個人的にはおすすめしません。

ではこのラップでどうやって巻いていくのでしょうか。

♥ラップで巻く場合はこちら ⇒ 太巻きをラップで巻くには

 

またラップを使う場合は、きれいに切れるこの方法も一緒に使えるので便利です。

ただ節分の恵方巻きは、切ってはダメなので気をつけてくださいね^^

こんな風に巻き寿司は巻きすがなくても巻けるものです。

慣れない巻きすを使わない方がきれいに巻けることも多いので、是非一度チャレンジしてみてくださいね^^

まとめ

巻き寿司を巻くのって難しそうと思っている人も多いと思いますが、コツを掴めば簡単です。

また巻きすがない場合でも、ラップやクッキングシート、手で巻いてみるなど巻く方法は意外にあります。

 

ちょっと難しそうだな・・と思う巻き寿司ですがコツさへ掴んで巻けるようになると、色々な具を入れて楽しめますので、最初は上手くできなくても作る程にキレイに出来上がりますから、面倒!出来ない!と思わずに作ってみてくださいね。

家で好きな具を入れてつくる巻き寿司は、美味しいものですよ^^


Sponsored Link




前の記事

次の記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Sponsored Link




関連記事



サイトマップとお問い合わせ