ネモフィラが関西や大阪でみられる名所や花畑は?花言葉や画像も





ネモフィラって知っていますか?

一面に咲く青い花でそれは凄くきれいなのです。でもネモフィラの名所は茨城のひたち海浜公園で関西から見に行くにはちょっと難しい人もいますよね。

一度は見てみたいネモフィラ。関西でみられるところはあるのでしょうか。

また見頃の時期はいつなのでしょうか。画像や花言葉などと一緒にお届けします。

 
関西でネモフィラがみれる場所がわかります


Sponsored Link

ネモフィラが関西でみられる名所

ネモフィラは関東の名所が多いのですが、関西でみられる名所もあります。

関西なら近くて行ける!という人も多いと思いますので、ぜひ一度見に行ってくださいね^^

それでは関西でネモフィラが見られる名所は下記の場所です。

淡路島 国営明石海峡公園

1つめは兵庫県にある明石海峡公園です。

明石海峡公園はネモフィラ以外にもたくさんの花があるのですが、ネモフィラの見頃は4月の中旬から5月中旬の約1ヶ月間です。

2018年は4月の23日から5月の15日までとなっており、それ以降はまた違う花に変わってしまいます。

 

それではまず明石海峡公園のネモフィラがどんな感じなのか画像をみてみますね。

ネモフィラ 関西

ネモフィラの丘のように敷き詰めた感じではありませんが、それでもきれいですよね!約2,700㎡に10万株のネモフィラが植えられているので、実際にみるとやはりきれいです。

また明石海峡公園は当日受付のバーベキュー施設や甲子園球場の約10倍もある広い敷地の中に、150の遊具がある「夢っこランド」やユ大型遊具「子供の森」があり、広い芝生広場もあって一日遊べるので、ネモフィラをみるだけでなく、遊ぶこともできますのでおすすめです。

 

遊具や広場は下記のような感じなので、かなり楽しめそうですよね^^

ネモフィラ 明石海峡公園

ネモフィラ 明石海峡公園

参考:明石海峡公園

 

自然がいっぱいの中でネモフィラをみながら、子供と一緒に楽しむのもいいですね!

その他にも休憩所やベビールーム、おむつ替えシートや電気ポットも使え授乳もできるので小さいお子さんがいても安心ですよね。

さらに小さいお子さん用のキッズルームもあり、ベビーカーも無料貸出OK。

 

広場でお弁当を食べるのも、いい思い出になりそうですね。

明石海峡公園の情報はこちらです。

  • 住所:兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 連絡先:0799-72-2000
  • 駐車場:有 ・1日500円
  • 入園料:大人410円・小中学生80円・小学生以下無料

再入場は可能なので助かりますね。

♥もっと詳しくは⇒ 明石海峡公園のサイト

では次にいきましょう。


Sponsored Link

ハーベストの丘

ハーベストの丘もネモフィラ以外の花や動物とのふれあい、いろいろな体験が楽しめる場所です。場所は大阪にあります。

ハーベストの丘のネモフィラの画像はこんな感じで、こちらも約10万株のネモフィラが咲き乱れかなりきれいですよ^^

ネモフィラ ハーベストの丘

ハーベストの丘のネモフィラの見頃も5月の中旬まで。ちょうどお天気がいい時期なのでのんびり楽しんでみたいですよね。

ハーベストの丘ではこの他にもパンやバター、ソーセージを作ったり、風鈴を作ったりオカリナの絵付けなど、この他にも色々な体験が楽しめます。

 

ゴーカートや芝すべりなどもあり、こちらもお弁当を持ってでかけるには◎

 

ただハーベストの丘は体験などをする場合、料金が発生するので結構な額になることも。入園料もかかりますので、ネモフィラをみるついでもレジャーを楽しむという感じです。

 

そんなハーベストの丘の情報はこちらです。

  • 住所:大阪府堺市南区鉢ヶ峯寺2405−1
  • 連絡先:072-296-9911
  • 駐車場:有 無料1,800台
  • 入園料:大人900円・65歳以上:600円・中学生以上:600円・4歳以上:400円・3歳以下無料

♥詳しくはこちら⇒ ハーベストの丘


Sponsored Link

この他に関西のネモフィラがみれるところ

関西でかなりの規模のネモフィラがみれるところは、ハーベストの丘と明石海峡公園だけになるのですが、他にもちょっとだけネモフィラがみれる場所が関西にもあります。

万博記念公園

関西の中でも大阪でネモフィラがみれる場所は万博記念公園などもあるのですが、ちょっと小さめなので「わーっすごい!!」という感動は少ないです。

このような感じで、ネモフィラと一緒に色々な花が咲いているという感じなので、ネモフィラが一面に咲いているのではありません。

ネモフィラ 万博記念公園

でもきれいですし、万博記念公園も広くて遊ぶ場所もあり、入園料が大人250円子供70円なので安くて嬉しいです^^

♥もっと詳しく⇒ 万博記念公園

京都府立植物園

京都の府立植物園にもネモフィラが咲いています。

しかし小さい花壇に咲いているので、こちらもすごーい!ネモフィラきれい!!という感じではありません。

ネモフィラ 京都

参考:ネモフィラをみに

近くでみるとかわいくてきれいなんですが、やはりネモフィラは一面じゅうたんのようになったものをイメージしてしまうので、それと比べてしまうと、うーん・・なんだか。と思ってしまいます。見れるだけでもぜいたくなことなのですが。

♥もっと詳しく⇒京都府立植物園

 

そのためやはり関西でそれなりのネモフィラがみたい!場合は明石海峡公園かハーベストの丘になります。

 

ではネモフィラの見頃や花言葉などネモフィラに関することもチェックしておきますね。せっかくなのでネモフィラ通になりましょう^^


Sponsored Link

ネモフィラの見頃や花言葉など

ネモフィラは春の花で見頃は4月の中旬から5月の中旬までです。

和名は瑠璃唐草といいます。

ハゼリソウ科の一年草で草丈は10cmから30cmほど。春に花を咲かせると枯れてしまいます。色は青のイメージがありますが他にも白や黒に近い濃紫もあります。

細かく枝分かれして横方向によく茂るため、株が多いと花のじゅうたんのように広がりきれいです。

ネモフィラはギリシア語のネモス(森)とフィレオ(愛する)の2語から名前が付けられており、森林の周辺に自生するためこの名前がつきました。

種類は青のネモフィラ・メンジーシー、濃紫のペニーブラック,白のスノーストームがあります。

ネモフィラ 種類

ネモフィラの花言葉は「可憐」や「どこでも成功」、「あなたを許す」、「愛国心」、「清々しい心」、「荘厳」などがあります。

いいイメージの花言葉ですよね^^

では最後にネモフィラの聖地、ひたち海浜公園の画像をみてみたいと思います。

これをみるとやはりネモフィラをいつかここへ見に行きたいと思ってしまいます。


Sponsored Link

ネモフィラの画像

ネモフィラの画像、見たことがある方も多いと思いますが、やはり自分の目でみてみたい・・と思うくらいのキレイな風景です。

ネモフィラ 
あーやっぱりキレイです!ひたち海浜公園のネモフィラ。

空とネモフィラの境目がわからないような、ブルーの中にいる自分ののような気持ちになりますね!

このひたち海浜公園のネモフィラはなんと450万株。関西のハーベストの丘や明石海峡公園の45倍の広さがあるということなので、かなりの敷地に咲いているのでしょう。

残念ながら関西に住む私はひたち海浜公園には行ったことがないのですが、一度はみてみたい光景だなと思います。

まとめ

関西でもネモフィラがみることができる名所や時期、花言葉などをお届けしました。

関西でもネモフィラはみることができるのですが、ネモフィラの聖地ひたち海浜公園に比べると、ちょっと残念なような気もします。

しかし子供と遊べることを考えると、充分楽しめる場所なので、一度いく機会があればお出かけください。

ゴールデンウィークはかなり混雑するため、その時期を外して出掛けたほうがゆっくりみることができますよ^^


Sponsored Link




前の記事

次の記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Sponsored Link




サイトマップとお問い合わせ