2018年の年賀状の受付開始は窓口とポストではいつから始まり、いつまでに出せば元旦に届くのでしょう?

年賀状の販売は土日行っているのでしょうか?平日のみだと購入できない人もいるので困りますよね。

気になる2018年の年賀状のデザインの種類や、年賀状で困ったことQ&Aもお届けします。

 

年賀状の疑問の内容は毎年同じですのでポイントを抑えておけば、悩むことはなくなります!

ポイント

年賀状のアレコレがわかります


Sponsored Link

年賀状の受付開始と終わりはいつまで?

年賀状 郵便局 

年賀状の受付開始は2018年に限らず、毎年同じで窓口もポストも12月15日から受付がはじまります。

12月25日までに出せば確実に元旦に着くと約束されていますが、近隣なら29日辺りに出しても元旦に着く可能性は高いですよ。

郵便局のサイトではギリギリ28日ならなんとか間に合う。とありましたが、それでも遠方の場合は早めにだしておきましょう。

 

また15日より早くだしてしまうと、年賀状と認識されずに普通郵便として配達される可能性があります。また年賀状ではなく官製はがきなどで年賀状を書く場合は、印字されている切手のしたに赤で年賀と書いておかないと、年賀状ではない?と思われて配達される事もありますので注意が必要です。

 

年賀状の受付の終わりは特になく出せば配達はしてくれますが、1月7日の松の内を過ぎるともうお正月ではなくなるため、年賀状ではなく、寒中見舞いというものに変えて2月3日までにだすことになります。

 

そのため7日までに届くようにするには最悪1月5日までには出してくださいね。郵便局のポストも7日辺りから年賀状専用が通常に戻り、年賀状ではなく普通郵便扱いに戻るため、1月8日に出したものからは消印が押されます

 

年賀状は7日までは消印が押されないので、元旦以外に届いてもいつ出したかは相手に解らないのですが、なるべく早めにだしておきましょう。

2018年の年賀状での注意事項

年賀状 郵便 局 受付

2018年に年賀状を出す場合で注意しなければならないのが、金額の改定です。

 

2017年6月1日から葉書の料金が 62 円になりましたが、年賀ハガキだけは2017年12 月 15日~2018年1 月 7 日の間に限り 52 円で送ることができます

 

しかし2018年1 月 8 日に出す場合は、通常の62円の普通郵便扱いになるため、10 円分の切手を貼らないといけないので、7日までにだしてくださいね。

ポイント

間違えて年賀状を62円のハガキでだした場合は、払い戻しをしてくれるそうですよ


Sponsored Link

年賀状の販売期間は?

年賀状の販売期間は郵便局の窓口では11月1日から2018年の1月5日まで販売されます。これも毎年ほぼ同じですよ^^

土日営業している郵便局以外は平日しか購入できませんが、ネットでの注文も可能です。ネットは時間や曜日が関係ありませんから便利ですよね!

年賀状のネット販売期間は?

ネットでは9月1日から12月25日23:59までまで注文可能です。ネット注文のメリットは下記になります。

  • 各種1枚から、合計5枚以上、送料無料で購入OK
  • 購入から最短3日でお届け可能(土日は含まない)
  • お勤め先に配達OK
  • ネットなので24時間いつでも予約ができる
  • 配達は月~土曜日:午前9時~12時・午後12~19時・夜間19~21時の3つの時間帯から選択OK
  • 枚数は999,999枚まで購入可能
  • 配達期間は11月1日~年12月28日まで
  • キャンセルもOK

デメリットはこんな感じです。

  • 日・祝の配達はしていない
  • 配達時に現金で支払う(カードはダメ)
  • インクジェット写真用は10枚単位で注文必須
  • 注文できる種類が決まっている
  • 電話注文はしておらずネットのみ

注文できる種類はこちらです。5円安い広告つきやオリジナル、ウェブキャラが購入できないようですね。

・ディズニーキャラクター 年賀(インクジェット紙)
・ハローキティ 年賀(インクジェット紙)
・スヌーピー 年賀(インクジェット紙)
・いろどり年賀(うぐいす/インクジェット紙)
・絵入り[寄附金付]
・無地
・無地(インクジェット紙)
・無地(インクジェット写真用)

忙しい人には年賀状のネット販売は楽でいいですよね。夜間帯の19~21時に自宅まで持って来て貰えるなら、なんとか時間に間に合う人も多いと思います。

年賀状をネットで注文しようと思う人は下記の郵便局のネット注文からどうぞ^^

⇒ 郵便局の年賀状ネット注文

LINEでも販売可能に!

パソコンが家にないので面倒だなと思う人にピッタリなのがLINEのアプリ「ぽすくま」からの購入です。

販売受付期間は 10 月 1 日9 時頃から 12 月 25 日まで。LINEでもネット同様、最低5枚から購入可能、配達時間が選べます

 

ぽすくまでは再配達の受付や不在時のお知らせなどもありますし、スマホの写真などを使って年賀状のテンプレートも使えますので意外と便利ですよ。

下記のQRコードからアクセスしてね^^

年賀状 郵便局 

郵便局やネット以外に購入できる場所は?

年賀状 郵便局 販売

郵便局やネット以外でも年賀状は購入できます。ただ種類が少ない可能性がありますのでそれだけは注意が必要です。郵便局以外で購入できる場所はこんな場所です。

  1. コンビニ
  2. スーパー(大きめの所)
  3. 金券ショップ
  4. 既に裏面が印刷されたものなら写真のプリント屋さんなどにも
  5. 大型家電量販店のプリンターなどのコーナー

コンビニでは1枚からでも購入可能ですが、郵便局のように全種類を揃えていないので、お目当てのハガキがあるかどうかは解りません。

郵便局でもそうですが、いいなと思ったハガキは早めに購入しないと売り切れになる場合もあるので気をつけてくださいね。

 

また12月頃から大きめの駅の構内や、地下の通路、スーパーの片隅などで机の上に年賀状を並べてバイトらしき人や郵便局の方が販売している時がありますよ。

 

結構いろいろな場所で年賀状は購入できるようになりましたね^^
では2018年の年賀状の種類はどんなものがあるのでしょうか?


Sponsored Link

2018年の年賀状の種類は?

2018年の年賀状は22種類あります。なかなかかわいいですよね!昔にくらべて干支のイラストがかわいくなったなと思うのですが^^

 

ちなみに富士山とイヌをかけて、切手部分のイヌの富士山のイラストにはふじ、フじ、FUJI(富士)の文字と、マイクロ文字の賀詞が隠れているそうです。もし購入した場合やお正月に届いたら探してみてくださいね。

年賀状 郵便局 

年賀状 郵便 局 販売

年賀状 郵便 局 受付 期間 

年賀状 郵便局 受付開始

年賀状 郵便局 

年賀状 郵便 局 受付

参照:郵便局

2018年の年賀状の種類は下記になります。

  1. 無地
  2. インクジェット
  3. インクジェット写真
  4. オリジナル
  5. 寄附金付絵入り(寄付金5円分高い57円)1種類
  6. スヌーピー
  7. ディズニー
  8. ハローキティ
  9. いろどり年賀
  10. ウェブキャラ年賀
  11. 広告付年賀(エコー年賀5円安い47円)14種類

大きい画像や各イラストの意匠は下記からもみれますのでどうぞ! キャラ付きの年賀状は毎年人気で早めになくなるところもあるそうなので気をつけてくださいね。

⇒ 郵便局2018年年賀状デザイン

年賀状Q&A

最後に郵便局のサイトに載っている、年賀状のQ&Aをまとめてみました。

ポイント

お年玉付年賀はがきは無料交換できますか?

ぽすくま

急に近親者の不幸があった場合などは、窓口で手続きの上、無料で通常切手類と交換してくれます。

ぽすくま

間違って購入した場合は、未使用でその年の販売期間内であれば、手数料無料で他の種類の年賀はがきとの交換OK。通常のハガキや切手は1枚+5円で交換

ポイント

去年の余り物の年賀ハガキを販売中のハガキと交換できる?

ぽすくま

去年のものはできません。販売中のハガキ同士なら交換OKですが、通常の無地からインクジェットの写真に変える時は1枚10円交換料がかかります

ポイント

年賀はがきや切手の交換はゆうゆう窓口でできるの?

ぽすくま

できないので、郵便局の営業時間内に窓口に来て下さい

ポイント

インクジェットのハガキは両面ともインクジェット?

ぽすくま

裏面だけです

ポイント

年賀ハガキを間違って普通のポストの方に入れちゃった!

ぽすくま

普通郵便物の中に年賀ハガキが混入していないか確認はしています。ただ確実にお届けできるためにも年賀ハガキ用のポストへ入れてください。12月15日から1月7日までは2口あるポストは左側が年賀状用です。

まとめ

年賀状のアレコレはいかがでしたか?年賀状は毎年デザインの種類は変わりますが期間などの内容は同じですので、覚えておくと便利ですよ。

スマホなどで便利になり、ハガキ離れが多くなりましたが今年は年賀状を書いてみませんか?

 

手書きの1言を添えるだけでも、貰ったらうれしいものです^^


Sponsored Link