大掃除窓や網戸の簡単なやり方!新聞紙や便利グッズで楽してキレイに

【記事公開日】2018/11/14





大掃除でちょっと嫌な掃除が窓掃除や網戸の掃除。

外なので寒いし早く終わらせたいですよね。

 

今回は窓や網戸の掃除の簡単なやり方と、新聞紙や裏技、便利グッズなどを使って楽にキレイにする方法をお届けします。

窓がきれいだと、なんだか嬉しいものですよ^^

 
大掃除で窓や網戸の簡単な掃除方法などがわかります 


Sponsored Link

大掃除|網戸の簡単な掃除のやり方!

大掃除 窓 網戸

窓掃除の順番は、まず網戸、次にレール、続いて外側の窓、最後に内側の窓です。

用意する道具は100均の道具で充分きれいになります^^

洗剤も食器洗い用の洗剤3滴と水200CCを混ぜたものや、100均にある電解水、重曹水などでOKです。

クイックルワイパー・網戸ワイパーを使う方法

網戸の掃除にクイックルワイパーや網戸ワイパーを使う方法です。

クイックルワイパーに、ウエットタイプのシートを取り付け拭くだけ、網戸のワイパーは濡らして拭くだけの方法。

 

網戸は内側のきれいな方から拭いていくのがポイントです。

また網戸ワイパーの幅がバケツなどに入らない場合は、2リットルのペットボトルを縦半分に切って水を入れるといい感じのバケツの代わりになります。

 

クイックルワイパーも網戸ワイパーも100均で売っていますよ^^

網戸ミトンを使う方法

100均にある網戸ミトンを使う方法です。

網戸ミトンを軽く濡らして網戸を拭いていくだけ。マイクロファイバー素材なので汚れを取ってくれますよ^^

ミトンの代わりにメラミンスポンジなどでもOKです。

エチケットブラシを使う方法

水を使わずにエチケットブラシを窓にかけるだけの掃除方法。

網戸の汚れ具合にもよりますが、軽い汚れならこれだけでもキレイになります。

自宅にあるエチケットブラシでもいいですが、汚くなりそうなら100均で購入して使いましょう^^

汚れがひどい時は

網戸の汚れがひどい時は、ミトンやスポンジなどに重曹水(重曹小さじ1を水100CCに溶かしたもの)や電解水などを吹きかけ、汚れ部分に浸透させて少し置いてから拭き取るときれいになります。

直接網戸にスプレーしてもOKですが、下にしたたり落ちることもあるので部屋側は何か敷いておきましょう。

 

網戸は特に洗剤などを使わなくても、拭けばきれいになりますし、外さなくても掃除できますので一度試してみてくださいね^^

では次に窓ガラスの掃除方法です。


Sponsored Link

大掃除|窓の簡単な掃除のやり方!

大掃除 窓 簡単

窓ガラスも基本、洗剤は不要です。

幾つか簡単にきれいになる方法があるのでみていきますね。

新聞紙を使った窓掃除

新聞紙を濡らして丸めて、窓を拭いていく方法。

新聞紙に含まれるインクが汚れを落とし、ツヤもだしてくれます。

濡らした新聞紙で拭いてから、乾いた新聞紙で拭くだけなのですが、きれいになりますよ^^

 

ただ手が黒くなることがあるので、ゴム手袋かビニール手袋などしている方が安心です。

ワイパーを使った窓掃除

窓を清掃している方がよく使っている、ワイパー(スクイージー)を使った窓掃除です。

雑巾で軽く汚れを取ったら、100均にある電解水スプレーを窓に掛けてワイパーをかけるだけ。

ただワイパーは慣れると便利なのですが、慣れないとムラができるのでちょっと練習が必要かも。

 

また下に水が滴るので、外側はいいですが部屋側をする時は下に何か引いておきましょう。

100均にワイパーもありますので、是非100均を活用してみてくださいね^^

簡単なコツがわかる動画はこちら

マイクロファイバーを使った窓掃除

マイクロファイバーはガラスの汚れを取ってくれる便利な素材です。

よく絞った雑巾などで軽く拭いたら、マイクロファイバーで拭くだけできれいになります。

 

こちらも100均にあるマイクロファイバーの雑巾か、ほこり取りのようなミトン型のものでOKです。

マイクロファイバーは鏡もきれいになりますよ^^


Sponsored Link

窓や網戸掃除の便利グッズ

大掃除の際の窓や網戸の便利グッズは100均にもあるのですが、その他にも簡単で便利なグッズを紹介します。

外側の窓が拭けない場合は、磁石で内側と外側を一緒に掃除してくれるコレが便利。

注意点は窓の厚みが7mm以上あるものは、磁力が弱まるので使えないかも。

またガラスにワイヤーが入っているタイプは、磁力があるため上手く動かない可能性あり。

 

次は大きな窓や高い窓に便利な窓掃除用ロボット。

大きくて高いタイプの窓におすすめなのが、窓用ロボット。

小さい窓にはおすすめしませんし、使える窓の最低サイズが決まっているので注意が必要です。

吹き抜けの高い窓、脚立に乗らないといけない場合などには効果を発揮します。

次は高い場合の窓掃除セット。

戸建ての家に多い高い所の窓や照明の掃除。

業者に頼むと高いですが、自分でもできる便利グッズセットです。

 

通常の窓なら100均グッズでも充分ですが、窓によっては掃除が難しい場合がありますよね。

そんな場合に便利グッズはおすすめです。

まとめ

大掃除の窓や網戸の清掃ですが、ゴシゴシしなくても意外に簡単にきれいになるものです。

また洗剤やスプレーなどを使うと、逆に余計な仕事が増える場合もありますので、電解水や200倍くらいに薄めた食器用の洗剤、重曹でOKです。

 

他にも新聞紙でも窓はきれいになりますし、手が届かず無理して掃除していた箇所も便利グッズで掃除が簡単になることも。

 

窓や網戸掃除は少ない力で楽にできますので、一度試してみてくださいね^^


Sponsored Link




前の記事

次の記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Sponsored Link




関連記事



サイトマップとお問い合わせ