残暑見舞いのはがきは9月のいつまで出せる?返事や贈り物の時期や期間も





夏に出す暑中見舞いや残中見舞いのハガキは、年賀状に比べるとださない人が多いですよね。

またお正月のようになんとなくこの日までという感覚も難しく、いつまでなら出せるのかも解りにくいですね^^

今回は残暑見舞いの返事のはがきはいつまでだせるものなのか、残暑見舞いの贈り物の時期や期間などについてお届けします。

 

残暑見舞いは暑中見舞いを貰った時の返事を書くために出すことも多いので、時期などは覚えておいても損はありませんよ^^

 
残暑見舞いのハガキや贈り物を渡す時期や期間などがわかります


Sponsored Link

残暑見舞いのはがきは9月のいつまで出せるの?

残暑 見舞い いつまで 出せる

残暑見舞いのはがきを出す期間は、立秋を過ぎてから処暑の候までの間にだします。

 

立秋は年によって日付が前後しますが8月7日頃で、処暑の候は処暑の8月23日頃から白露の9月6日ごろまでを指しますので、残暑見舞いを出す期間は下記の期間になります。

● 8月7日頃~9月6日までの1ヶ月間  ⇒ 残暑見舞いの期間

この期間を覚えておいてくださいね^^

 

ちなみに暑中見舞いを出す期間は、下記の小暑の7月7日から立秋の前日までとなっています。

● 7月7日頃~8月6日までの1ヶ月間  ⇒ 暑中見舞いの期間

七夕から約1ヶ月間が暑中見舞い、広島の平和記念日辺りから1ヶ月間が残暑見舞いの期間になりますので目安にしてください^^

 

というわけで暑中見舞いの挨拶を貰い返事を返そうと思った時期が、まだ7月中や8月6日までなら暑中見舞いの名目でだし、8月6日を超えていたら、残暑見舞いで返事をかきましょう。

 

残暑見舞いや暑中見舞いは、夏の暑さが厳しい時期になかなか会えない知り合いや友だち、お世話になっている人に安否や近況報告をする季節のおたよりです。

お中元のお礼や、結婚や出産、転居のハガキとしてだすのにもおすすめですよ^^

 

また残暑見舞いや暑中見舞いには、お祝いの意味あいがないため、年賀状のように喪中でも控えなくて大丈夫です。

ただ忌明け前なら時期をずらし、四十九日を過ぎてから残暑御見舞として贈った方がよいかと思います。

 

ではお中元以外に、残暑見舞いや暑中見舞いとして贈り物をする際にはどんなことに気をつけなければならないのでしょうか。


Sponsored Link

残暑見舞いの贈り物の時期や期間は?

残暑 見舞い 贈り物

残暑見舞いの贈り物とは、お中元や暑中見舞いの時期に間に合わなかったけれども、お世話になっている人に、なにか贈り物をしたい場合にハガキではなく贈り物を贈ることを指します。

 

お中元に何か贈ろうと思っていたけれど贈れなかった、お中元を貰ったけれど返すのを忘れたときなどに残暑見舞いの贈り物としてお渡しするのです。

またお中元の時期は下記の様に地域によって違います。

 

この違いは旧盆の習慣がある地域は、1ヶ月遅れの8月15日までに届けばよいとされているためです。

  • 北海道・・・7月中旬から8月15日まで
  • 東北・関東・7月初旬から7月15日まで
  • 北陸・・・・7月初旬~7月15日が多いが、7月15日~8月15日の地域もある
  • 東海・関西・7月中旬から8月15日まで
  • 中国・四国・7月中旬から8月15日まで
  • 九州・・・・8月1から8月15日まで
  • 沖縄・・・・旧暦の7月15日までに

お中元の時期に贈り物出し忘れた場合は、残暑見舞いの贈り物としてお渡しすればOKです。

 

でも地域によってバラバラで残暑見舞いの贈り物としてお渡しにするには、ちょっと早いのではと思う地域もありますよね。

そのため残暑見舞いとして渡すのか、暑中見舞いの贈り物として贈る方が良いのか時期や決まりなどを確認しておきましょう。

残暑見舞いの贈り物を贈る時期は

ではお中元を出し忘れた場合に、残暑見舞いの贈り物として何かを贈る時期ですが、下記のようにお盆を過ぎてから8月末までに贈る場合は残暑見舞いとしてのしをつけおくります

● 8月16日~8月末頃まで ⇒ 残暑見舞いの贈り物として贈る

残暑見舞いの贈り物は、残暑見舞いのハガキのように9月6日頃までではないため、注意してくださいね。

 

しかし地域によっては7月15日にお中元の時期が終わるところもありますよね。

その場合は、お盆前なら残暑見舞いではなくて暑中見舞いの贈り物として、下記の時期に贈りましょう。

● 7月16日~8月15日くらいまで   ⇒ 暑中見舞いの贈り物として贈る

 

こよみの24節季の時期でお中元、暑中見舞い、残暑見舞いの時期をまとめるとこうなります。

24節季 時期  のしの名目
小暑:暑さが本格的になる 7月7日~7月22日頃 お中元・暑中見舞い
大暑:1年で一番暑い 7月23日~8月6日頃 お中元・暑中見舞い
立秋お盆まで 8月7日~8月15日頃 お中元・暑中見舞い
立秋お盆過ぎ 8月16日~8月22日 残暑見舞い
処暑 8月23日ごろ~9月7日 残暑見舞い

*立秋は8月7日頃~8月22日頃をさします

9月7日までは処暑なので残暑見舞い扱いになるのですが、贈り物は8月末までに出す方がよいといわれているので9月にならないように気をつけてください。

 

そのため地域によってお中元として贈る時期を逃してしまった場合は、七夕からお盆までなら暑中御見舞い、お盆の後は残暑御見舞いで贈ってくださいね^^


Sponsored Link

残暑見舞いで好まれるギフト

残暑見舞いに贈り物を贈る場合ですが、お中元をすでに受け取っている人が多いため、残暑見舞いの贈り物はちょっと違ったものを贈る人が多いようです。

 

人気はカタログギフトや洋菓子、お酒、飲料、商品券です。洋菓子は女性に人気で、お中元でも上位3位に入るほど人気商品になっています。

金額の相場は3,000円ですが、目上の方などには5,000円くらいのものを贈るのが相場です。

 

またお中元と同等のものを贈るという人が40%ですが、60%は少しお中元よりグレードを下げて贈るという考えの人が多めです。

 

では残暑見舞いで好まれる、夏に合うギフトをいくつか紹介します。

残暑 見舞い 贈り物

お取り寄せでしか購入できない高級プリンに、夏にピッタリの季節のジュレをトッピングしたぷりんジュレ。

年間35万本を販売し、通販お取り寄せスイーツの楽天ぷりん部門でも堂々1位の大人気玉華堂の極プリン。

 

夏に冷やしてたべると濃厚とさっぱり感がくせになります。

カタログギフトの中でも種類が豊富で、選ぶ人のワクワクが伝わるカタログギフト。自分でもどんな商品があるのかチェックできるため、みていると欲しくなってしまいます。

 

カタログギフトは貰った人が好きなものを選べるため、年間を通して人気のギフトです。

身体に優しい乳酸菌100億個入ったフルーツヨーグルトジェラート3,980円 (税込)

夏のギフトで嬉しいのが冷たいアイスクリーム。

そんな中でもフルーツとフローズンヨーグルトのさっぱりした夏にぴったりのジェラートです。

 

乳酸菌が100億個入っているので、夏の疲れた身体をいたわる優しいジェラートと見た目がキレイなのがおすすめポイントです。

♥無加糖&無塩で体に優しく美味しい果汁100ジュース 3,456円 (税込)

飲み物はビールなども嬉しいですが、無添加でフルーツ100%のジュースも夏の疲れた身体にはおすすめです。

砂糖や塩などを使っていないため、健康が気になる人や高齢の方にもおすすめな飲みやすいサイズの飲み物ギフトです。

まとめ

残暑見舞いのハガキや贈り物を贈る時期などをお届けしました。

夏の暑い日にハガキや贈り物が届くと、やはり嬉しいものです。

 

せっかく贈るのですから、残暑見舞いや暑中見舞い、お中元のマナーの区別をしっかり把握して、何か贈ろうと思うその気持ちを120%生かしたいですよね^^

 

そんなに複雑ではありませんので、ぜひ頭の片隅に区別の仕方を覚えておき、お世話になったあの人にいい思い出とあなたの気持ちを届けてくださいね。


Sponsored Link




前の記事

次の記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Sponsored Link




サイトマップとお問い合わせ