バーベキュー持ち物リスト!子どもがいる時や上級者の便利グッズ・川がある時も





バーベキューに行きたいけれど何を持っていけばいいのかわからない時もありますよね。

今回は子どもがいる場合や、バーベキューの上級者が持っていく便利グッズ、川がある場合にはどんなものがあればいいのかなどをお届けします。

 

バーベキューは楽しいけれどやはり疲れますので、少ない荷物でしっかり楽しみたいですね^^

 
バーベキューの持ち物がわかります


Sponsored Link

バーベキュー持ち物リスト!

バーベキュー 持ち物リスト

バーベキューでの持ち物は結構多いです。

そのため忘れてしまう場合もありますので、必要なものをリスト化しておくと便利です。また用途に分けてリスト化しておくとパパっとまとめて集められるのでおすすめです。

バーベキュー持ち物リスト|食材・日用品

手ぶらOKのところだと何もいりませんが、手ぶらだけれども食材は持参OKのところもありますよね。

バーベキューの施設によって持ち物は変わりますが、忘れないで持って行きたいのがこちら。

  • 食材(肉・野菜など作る予定のもの)
  • 調味料(塩・こしょう、マヨネーズ、醤油、タレなど)
  • わさび、柚子胡椒などお好みの調味料
  • 飲み物(水やお酒、ノンアルコールのもの)
  • インスタントコーヒー、ティーパック紅茶
  • カップスープやインスタント味噌汁
  • 箸やスプーン
  • 防水タイプの紙皿や紙コップ(100均で充分)
  • クーラーボックス
  • 蓄冷材や保冷剤
  • ボウル・ザル(100均のたためるものが便利)
  • 包丁・ナイフ(できるだけ下こしらえして使わないようにできる)
  • 串(串刺しにし必要なら)
  • 使い捨てアルミ鍋
  • ウエットティッシュ
  • キッチンペーパー
  • アルミホイル
  • ラップ
  • 軍手
  • ゴミ袋
  • ビニール袋
  • 虫除けスプレー
  • レジャーシート
  • 薄型ブランケット
  • 救急セット
  • 懐中電灯

特にアルミホイルはオススメです。軽いですしまな板やお皿、鉄板の代わりや丸めると食器を洗うスポンジの代わりにもなるんですよ。

野菜が焦げないようにホイル蒸しにもできますしね


Sponsored Link

バーベキュー持ち物リスト|機材

バーベキュー 持ち物 子ども

バーベキューセットを全部持ってい行く場合は、グリルから全部必要ですよね。そんな場合のリストはこちら。

取り敢えずグリルと炭、火をつける道具にテーブルとイスが基本です。

 

これを持っていくとなると車がないと無理ですが、これだけ揃えているとちょっと買い足せばキャンプなどもできますので、この先バーベキューもキャンプもたくさんやりたいなと思う場合には揃えてもいいかも。

  • グリルやコンロ
  • 鉄板・網
  • トング(炭用と食材用)
  • 着火剤
  • ライター
  • うちわ
  • イス・テーブル
  • テントなど(日よけがない場所の場合)


Sponsored Link

バーベキュー持ち物リスト|子どもがいる場合

バーベキュー 持ち物 子ども

バーベキューをする際に子どもがいる場合の持ち物ですが、やはり子どもがいると持ち物も増えますし、あ!コレあったら良かった!ということもありますよね。

暑い場合や寒い場合でも違いますが、温度調節ができるもの、遊び疲れてお昼寝をする子が多いので、なにかお昼寝できるグッズ、食べやすいグッズなどはあると便利です。

 

そしてバーベキューはやけどや川での子どもの事故の危険性もありますし、ケガが起こったりしますので、保険証はあったほうがいいですね^^

 

バーベキューをする場所によっては近くに店がない場合もありますので、困らないようにしたいものです。大人だけならなんとかなっても子どもがいるとそうもいかない場合も多いですからね^^

  • ストロー
  • フォーク
  • 持ちやすい子ども用の食器
  • ふりかけ
  • おやつ
  • おもちゃ
  • 着替え・下着
  • お昼寝マット
  • 日よけになるもの
  • 暑い時はアイスノンなど冷やせるもの
  • 寒い時は首ウォーマーなど
  • 保険証
  • 靴の替え
  • 常備薬など

バーベキュー持ち物リスト|上級者便利グッズ

バーベキュー 持ち物 上級者

バーベキューの上級者になると、役立つもの、かさばらないものを使うことで道具を極力減らしてバーベキューを楽しんでいます。

そんな中でもおすすめなのが下記です。

  • 針金ハンガー
  • マジックやペン
  • トイレットペーパー
  • 布タイプのガムテープ
  • ハサミやカッター
  • せんたくばさみ
  • ダンボール
  • 火消し壺
  • 牛乳パック
  • 缶切りやワインオープナーが一緒になったもの

針金ハンガーは濡れたタオルや服なども干せますし、グニッと端を内側に曲げて靴を干すこともできます。またゴミ袋をかけてゴミ箱にもできますし、端を曲げてトイレットペーパーをかけることも。

トイレットペーパーはトイレに紙がない場合もあるのでその対策と、汚れたものをふいたり、洗い場がない場合は食器の汚れを落としたりなども。

マジックはコップに名前を書く時にあれば便利です。

 

意外にもっていないものがハサミやカッターなどの切るもの。袋を切ったり炭などが入っている箱のテープを切ったりするのに便利です。

ダンボールは下に引いて座ることもできますし、最悪お昼寝用のマットにも。また最後に燃やしてしまえるのであれば使えます。

牛乳パックは防水仕様なので、子どもが遊ぶバケツになったり、水をくんだり、食器でも使えます。コレも最後は燃やせます。

 

火消し壺はまだ熱い炭などの鎮火に使えるので便利ですし、この中にハーブなどを入れて鎮火すると虫よけのかわりにもなりますよ^^


Sponsored Link

バーベキュー持ち物リスト|川で遊ぶ場合

  • 水着
  • 靴タイプのサンダル(足をケガしないようにするため)
  • 日焼け止め
  • タオル
  • 帽子
  • ビニールプール
  • 腕用浮き輪
  • あみ
  • ゴーグル

持ち物を減らすコツ

バーベキューは楽しいけれど持ち物が多くて大変!という場合は、ちょっとでも減らせるように工夫をすれば減らせます。

  • 食材は全部切っておく、下味をつけて焼くだけにしておく
  • 肉などはトレーではなくジップロックなどに入れておく
  • 食器や箸は使い捨てにする
  • コンロや炭がある設備の場所にする
  • 日よけがある設備の場所にする
  • 燃やせるものは燃やして帰る

帰りは疲れもでますので、なるべく荷物が少ない状態で帰りたいですよね^^

まとめ

バーベキューでの持ち物は意外に多いので、忘れてもなんとかなるように、代用できるものがないかを知っておいたり自宅でできる下ごしらえなどをしていくと、いざという時も助かります。

特にアルミホイルは使えますのでおすすめです。

 

また子どもがいる場合は気温の変化に注意し、ヤケドやケガをしないように注意しておきましょう。すぐに必要なものが取り出せるように子どもの分だけは違う袋にいれておくなどすると、さっと取り出せますよ。

最近ではすべてが用意されている場所や、食材だけ持っていけばいいところなどが人気ですが、子どもがいて家族もアウトドアが好きな場合は、道具を持っているとキャンプもできますし、バーベキューも公園など無料の場所がありますので、楽しめます。


Sponsored Link




前の記事

次の記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Sponsored Link




サイトマップとお問い合わせ