シングルマザーの職業で高収入の正社員を職業訓練校や支援の資格で目指すには





シングルマザーが正社員で高収入の職業に就けると不安が無くなり安心ですよね?でもどんな仕事があるのでしょうか?

また使える資格を持っていると正社員になれる可能性も高くなり資格手当なども期待できますが、どんな資格があればいいのでしょう?

 

しかし資格を取り正社員を目指したいと思ってもお金が掛かるから無理だと思ったり、職業訓練校に行っている間は仕事ができず生活ができないので諦めている人も多いのでは無いでしょうか。

 

 

でもシングルマザーなら給付金を貰いながら職業訓練校に通えたり、無料で資格が取れる支援や制度があるのは知っていますか?

 

ぜひこの支援や制度を利用して資格を取り、高収入の正社員を目指して不安のない安定したシングルマザーライフにして行きましょう!


Sponsored Link

シングルマザーの職業で高収入の正社員とは?

シングルマザー職業正社員

シングルマザーでも目指せる職業で高収入の正社員ってどんな職業がある思いますか?そんなに多くはありませんが、やはりテッパンは看護・介護系です。職種は下記になります。

  • 看護師(正看護師・准看護師)
  • 介護福祉士(ここからケアマネなどに)
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 歯科衛生士

看護師は苦手だしやりたくないなと思う人でも、理学療法士や作業療法士などリハビリ系や歯科衛生士なら頑張ってみようかな・・と前向きに考える人も多いですよ。

 

看護師や介護系は一生求人に困らないことと、住宅ローンなど借入系が確実にOKなこと、もしやめたとしても深夜だけなどの高収入のバイトもできる、子供が病気の時も知識が役に立つなど、持っていると一生自分を助けてくれる職業です。かなり大変ですが頑張った分自分に返って来るものも大きいです。

 

シングルマザーの支援でも上記の職種は学校に行きながら毎月給付が出ます。足りないお金は資格を取るという理由があれば無利子で借り入れができるため、上手に使うことで無理のない返済ができるのも魅力です。こちらは後のコーナーでもっと詳しく説明しますね。

看護・介護以外で正社員が目指せる仕事

シングルマザー職業支援

シングルマザーはやっぱり介護や看護系なのかぁ・・と落ち込むことはありません。私もこの職業は無理だと思いました。介護や看護が苦手な場合でも高収入の正社員になれそうな職業はあります。例えばこんな感じです。

  • 保育士
  • 調理師
  • 不動産系
  • ドライバー
  • 地方公務員
  • 営業(保険系)

保育士は公務員保育士というものにもチャレンジできますし、宅地建物取引士の資格を取れば不動産系、運転が好きならドライバー、年齢制限が結構高めでもOKな地方公務員、頭を使うのは嫌だけど体当たりはできるなら保険の営業などは女性の起用が高く子供のことを考慮してくれるところもあります。

 

後、資格を取っても正社員になれるかどうかは解りませんが、比較的高収入が期待できる職業はこんなものも。

  • CADオペレーター
  • WEBデザイナー

ただこの職種は残業が多い可能性があります。ただ在宅でもOKな場合があるので上手く考えて働くことが必要です。

 

 

でもやりたいな、と思える職種がないなぁ・・と思っているあなた。そうですよね、やりたいと思える仕事でないと資格を取ったり勉強するには気持ちや体力面でもキツイものがありますね。無理やり興味のない勉強をするワケですし・・。

 

 

私が宅建を取って不動産系の正社員になった理由は、元々建築やインテリアに関係する仕事に就きたかったからです。学校も建築系でしたし、仕事と勉強の掛け持ちは大変でしたが、お陰で苦手意識はありませんでした。だから乗り切れたようなものです。そのため好きになれそうにない職業を目指す大変さは凄く解るし、途中で挫折してしまったら気持ちが前向きになれませんよね。

 

そんな時に知っておいて欲しい、職業訓練校や母子支援、母子だけの借入制度など。これらを上手く活用して自分に合った仕事を見つけ安定した生活ができるように前を向いて歩いて欲しいなと思います。

 

母子家庭は優遇されている制度が結構あります。「母子家庭ズルい」という検索ワードがあるくらいなんですよ!

ですからシングルマザーは大変、仕事がない、生活出来ないなど落ち込まず、しっかり制度を利用して地に足をつけられるように負けないでくださいね。


Sponsored Link

職業訓練校や支援で取れる資格や給付金は?

シングルマザー職業 資格

シングルマザーが職業訓練校や支援で取れる資格はいろいろあるのですが、資格を取りつつ給付金も出るものはそんなに沢山はありません。

一番はやはり安定した職について貰うという目的があるため、介護・看護系の職種は他より優遇されています。それが

ひとり親家庭高等職業訓練促進給付金

これは勉強する期間(上限3年間)月額100,000円が給付金として支給される制度です。学校で勉強しながら10万円が入金されるのですが、学校に通うため子供を預かって貰う必要があります。

学校や地域によっては通信制度などもあるようですので、どうしても子供を見てくれる人がいない場合は通信制の学校がないか探してみてください。

 

学校に通うことは小さい子どもがいるとネックですが、毎月10万が支給され学校に通い資格が取れる支援はありがたいです。この給付金を申請できる職業は以下のとおり。

  • 看護師
  • 准看護師
  • 保育士
  • 介護福祉士
  • 作業療法士
  • 理学療法士
  • 歯科衛生士
  • 美容師
  • 社会福祉士
  • 製菓衛生師
  • 調理師

このように手に職をつけるための安定した職業がメインです。学校に行くにあたり入学金などが必要になりますが、貸付金制度が利用でき、

  • 入学準備金  50万円以内
  • 就職準備金  20万円以内

を借入することできます、しかしこの貸付金は学校を卒業し資格を取った日から1年以内に就職し、その資格が必要な仕事を5年続けると返さなくて良いのでこれは申請しておきたいですよね!

 

学校では授業料や教材費などが必要になりますが、学校によっては申請すれば学費免除になる所もあり、これは地域の学校によって違うため、通いたい学校で奨学金や学費免除があるかどうかなど聞いてみてくださいね。資料請求なども活用しましよう!

 

上手く学費免除の学校に通えれば学費はなしで貸付金も貰え、毎月10万と児童扶養手当も貰えるので、しっかり勉強して資格取得や正社員が目指せます。

 

また制限はありますが、この支援を利用しながら働くことも可能です。10万では生活がキツイなら夜や休みの日にちょっと働いて収入を増やすことも可能です。

 

そして役所での相談では気分を害するような邪険な扱いを受けた人もいるようです。そんな時は母子自立支援員という人もいますので、1回の嫌な扱いなどで無理だと諦めないで利用できるものは利用しましょう。


Sponsored Link

職業訓練受講給付金

シングルマザー職業職業訓練校

これは条件を満たせば指定の職業訓練校に通いながら毎月10万と交通費が支給される制度です。

これはハローワークで申請手続しますが講座は沢山の種類があり、希望のものを探せます。期間が3ヶ月の講座はそれほどスキルは身につきません。出来れば半年くらいの講座を取る方が仕事に繋がりやすいです。

 

中には時間の短いものや託児所がある所もありますので、介護や看護系、美容師や調理師は無理だなと思う人は、どんな職業訓練校があるか確認してみてください。開始時期や審査もあり直ぐに受講できない時があるので早めの確認が必要です。

 

また各地域で職業訓練校の内容が違うため、お住いの地域のハローワークに行って資料や説明を聞くといいですよ。こちらのページでも職業訓練校の内容や期間などが調べられます。

●参考:求職者支援訓練 認定コース情報

職業訓練校は無料で受けられますが、教材費(1万円くらい)は実費なので厳しい場合は貸付金制度を利用できないか役所に相談してください。交通費も1回めの振込までは実費になるので、ダメもとで早めに相談だけはしておくといいですよ。


Sponsored Link

無料の母子家庭むけ職業訓練校

シングルマザー向けに託児所付き(全部ではないですが)でパソコン、簿記、介護職員初任者研修(ヘルパー)などの無料短期講座があります。

ただこちらは地域によってある所とない所があり、役所主催ではない場合もあるため、母子家庭のことで相談できる役所の窓口でそういう講座がないか聞いてみてください。

 

この講座はガッツリ仕事に繋げるというよりは、何もできない所からの最初の1歩的な感じです。ただシングルマザーを対象にしているため不安なことは相談すればいろいろ教えてくれますよ。

自立支援教育訓練給付金

これは無料ではなく毎月の給付金もありませんが、職業訓練校などではなく自分自身でスキルアップのために払った資格取得のための教材や学費の60%相当額を指定講座を修了した後に支給して貰える制度です。支給上限は20万円で、12,000円以下の場合、支給はありません。

 

先払いのためお金に余裕がないと厳しいのがネックなことと、何でもいい訳ではなく雇用保険制度の教育訓練給付金の指定講座であること、支給には審査があること、講座開始までに申請する必要ありなどいろいろ条件があり役所で申請します。

 

ただ職業訓練校のように期間や時間が決まっていない分下記のようにやりやすいかも知れません。

  • 自分のペースで始められること
  • 資格を取るだけなら通信講座などで自宅でできること
  • 夜間の学校に通えること
  • 自分の都合でできる

このように融通が効くのでこちらも母子の貸付金が借りられたり資金に余裕があるならおすすめです。


Sponsored Link

母子家庭の貸付金

シングルマザー職業 支援

母子家庭の貸付金の手続きは面倒ですが、保証人がいれば無利子で借りられる上、母子家庭がお金を借りるにはありがたい制度です。

カードや消費者金融などは金利が高いためおすすめできません。カード地獄にハマってしまうこともあるからです。

どんな時に使えるのかを知っているだけでも違いますから、活用して欲しいなと思います。

技能習得資金

  • 月額(5年以内)68,000 円。
  • 一括なら816,000円。
  • 入学時に支払う必要がある入学金等が対象。
  • 自動車運転免許取得は460,000円。
  • 返済は習得期間満了後1年から20年間まで

これを利用することで、資格を取ったり学校に通いたいけれどお金が・・と思って諦めることが減らせます。手続きは面倒でも直ぐに返済するわけではありませんし、猶予が20年あるため少額ずつで無理なく返していけます。

 

カードローンなどは最長24ヶ月や36ヶ月(2、3年)で返済しなければならない上に、金利が高いため家計を圧迫し、カードローン地獄にハマってしまう可能性があり危険です。

生活資金

  • 月額103,000円
  • 月額141,000円(技能取得中)

この生活資金は、資格などを取っている間、病気になり医療・介護を受けている間、あるいは失業や求職活動期間中の生活を維持するための資金です。

要は仕事ができない期間中の生活資金を貸してくれます

転宅資金

  • 260,000円(3年以内に返済)

これは引っ越ししたいけれどお金がない場合に貸付してくれる金額です。

公営住宅等に入居する時の敷金がこのくらいなので、公営住宅に当選してもお金がないから・・と諦めないでこの制度を活用し、安い家賃のところへ引っ越ししましょう。家賃が高いのはバカらしいです。

 

母子家庭むけの貸付金は、この他にも子どもが就学する時や結婚する時などにも使えるものがありますが、今回は仕事をする際に利用すると良いものをお届しました。

まとめ

シングルマザーが資格を取って正社員を目指すことは、給付支援や職業訓練校を利用することで可能なのです。それなのにどうしてシングルマザーは貧困だとか仕事がないなど言われるのか?

実際この支援や職業訓練校の利用の仕方を知らないシングルマザーが多いのも事実です。

 

しかしシングルマザーが資格を取り仕事を見つけていくことで、将来安心して子供を育てることもできますし、母子家庭用の貸付金を利用することで、無理なく生活することもできるのです。

 

そのためシングルマザーは仕事がないなどの世間の風評などは気にせず、こういう支援や職業訓練校を使い、しっかり将来を考えて生活の基盤となる職業を探してください。

 

大変なこともありますがそれも数年だけ。ずっと生活が苦しくて仕事がない、お金がないと思って生きていく方が長い目でみると数倍大変だと思いませんか?

 

シングルマザーとして生きることは簡単ではありませんが、頑張ればちゃんと安定した生活ができますから負けないで行きましょう!


Sponsored Link




前の記事

次の記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Sponsored Link




サイトマップとお問い合わせ