子供2人を連れてシングルマザーになろうと決めている人、またはシングルマザーだけど生活が不安でいっぱいの人は、生活費や仕事の事が本当に気になりますよね。

  • 本当に子供2人と一緒に生活できるんだろうか?
  • どのくらいあればやっていけるの?
  • 他のシングルマザーはどうやって生活しているのかな?

など悩みはつきず不安ですよね。でもシングルマザーの生活費や仕事内容などを知ることで、自分にもできるかも?と前向きな気持ちになれたり、このくらいは必要なんだなと計画を立てることで、少しは不安も和らぎ頑張って行こうと勇気を貰えると思います。

 

この記事を読んで子供2人を育てるシングルマザーの生活はどのくらい生活費が必要で、なにが必要なのか、またどんな仕事をしているか?などを知って、シングルマザーでやっていけるんだ!頑張って行こう!と前向きな気持ちで歩いてください。


Sponsored Link

子供2人とシングルマザーの生活で生活費はどれだけ必要?

シングルマザー生活子供2人

シングルマザーの大変なところは、子供を一人で育てながら生活をして行かなければならない所です。シングルマザーになり子供2人と暮らしていくためには、どのくらい生活費が必要でしょうか?

 

一番多い平均的な生活費は10万~15万円。これに母子手当を入れて毎月約15万~20万くらいで生活しているシングルマザーが多いですね。この生活費は子供が小学生~中学くらいまで。私もこれくらいでした。でも高校、大学と段々生活費は増えてきます。クラブに入ったり、定期代が掛かったり、お小遣いや携帯が必要になったり・・と。

 

今大学生2人を育てながら最低限必要な生活費は、うちでギリギリ25万は必要です。高校卒業と同時に母子手当も医療費の助成も無くなりますから本当にギリギリ。そんな時にちょっとずつでも貯めて来た貯金って本当に大切になって来ますので、できる限り貯金するという気持ちや、資格などを取って仕事をステップアップするなど、子供が小さい時から将来を考えて対策をしていたほうがいいなと経験上思います。

 

ちなみに22万~25万収入があれば、国の大学の学生ローンは通ります。(カードローンなどが無い条件で、ですが)奨学金もOKです。

 

また母子手当は毎月の支給では無く、4月・8月・12月の年3回。そのため毎月の生活費は自分の給与のみで回して行くという考えで、この母子手当は貯金できるならしておいた方がいいですよ。

 

思いがけない痛い出費は意外とあるものです。例えば自転車を盗まれた、学校の必要教材が意外と高い、修学旅行費用、林間学校の費用、目が悪くてコンタクトレンズにしたいなど。そんな時に慌てないように、貯金しておくクセをつけて置いてください。

 

ケチケチするワケではありません。ちょっとでも貯金するクセをつけておかないと、結構使ってしまうものなんです。チリも積もれば山となるという気持ちは持っておいて損はありません。子供が大きくなって必要な時に、あの時・・と思ってもどうにもならないんです。


Sponsored Link

シングルマザーと子供2人の生活費の内訳は?

シングルマザー生活費内訳

子供2人と生活するにあたり、子供が小学生や中学までなら15万くらい、そこから徐々に増え大学生なら25万くらいあればなんとかやっていけます。子供がバイトをしてくれたりすると20万くらいでもいいかも(うちは子供の身体が弱いのでバイトは出来ないのです・・涙)ちなみに子供が高校生くらいからお金掛かるな・・と感じるようになって来ます。

 

そこで気になるのが生活費の内訳。どんなものにいくらくらい必要なのか?を知ることでやって行けそうかどうか、貯金はどのくらいしておこうかなどが解りますよね。

私の場合はこんな感じでした(小学生から中学生まで)

  • 家賃・・5万
  • 食費・・2.5万
  • 医療費・2,000円(助成金で月どれだけ掛かっても2,000円です)
  • 日用品費・・5,000円
  • 被服費・・・1万(女の子2人なので)
  • 光熱費・・・約1万
  • 携帯代・・・1万(まだガラケーだった)
  • 保険代・・・15,000円(私の年金保険プラス子供の医療保険です)
  • 雑費・・・1万円(雑誌代や子供の美容院代など)

これで137,000円です。小学校と中学校の学費や給食費は就学援助申請して免除でした。これはシングルマザーだけでなく所得審査などありますが、両親がいても申請できます。ただ修学旅行代などは一度払って後日払い戻しだった様な記憶があります。

中学に入ると部活とお弁当が始まったので、これにもう1万円プラスくらい必要です。こんな感じで15万あればギリギリ。これに4ヶ月に1回振り込まれる母子手当が約18万。これを貯金しつつここから毎月急な出費などで足りない部分は補っていました。

 

この他地域的に車が必要な人は、自動車保険やガソリン代、年1回自動車税など必要ですし、家賃も市営住宅が近くにあればもっと節約になります。家庭によって内訳の細かいばらつきはありますが、多くのシングルマザーが10万から15万の間で何とか生活が出来ています。

 

大学生になり25万くらい必要な内訳は、携帯代がスマホに変わり3万に。3人がお弁当になったので食費1万UP。2人も病気がちでバイトが出来ないのでお小遣いが3万円プラスα、医療費、定期代などが加わり約10万くらいはUPしました。


Sponsored Link

どんな内容の仕事をしている人が多い?

シングルマザー生活仕事内容

シングルマザーでなかなか仕事が無いと思っている人は多いのですが、みんなどんな仕事をしているのでしょうか?雇用形態も正社員やパート、派遣社員などいろいろですが、生活できるだけの収入元さへあればどの形態でもやって行けるかなと経験上感じます。

シングルマザーで多いのが、

  • 事務系(一般事務、経理事務、医療事務など)
  • 介護・看護系(求人には困りません)
  • 保育・美容系(元々資格を持っていた人に多い)
  • ドライバー系(免許があればできるが、体力がいる、運転好きなら◎)
  • パート掛け持ち系(正社員にこだわらず、できる仕事を掛け持ちスタイル)

についている人が多いですね。雇用形態も正社員、派遣、パートと色々です。正社員だからいいというわけでもありませんが、将来的に昇給したり、ボーナスがあったり土日休みなどの待遇が良いなら正社員はやはり安定していてシングルマザーには憧れです。

 

アルバイトやパート、派遣社員は時給制になるため、休みの多い月は収入が下がりますし、シフト制の所などは思った回数入れないことも。しかし掛け持ちOKだったり、残業代はしっかり出るなどメリットもあります。正社員も派遣社員もパートもそれぞれがいいところと悪いところを持っていますので、子供との関係や環境など考えて、まずは仕事を見つけることを優先させ、その間に正社員を目指して行く方法もあります。

 

ただ介護系や医療系の正社員は資格を取れれば、40代になっても可能ですが、事務系の正社員は最低35歳くらいまでにおさえておかないと難しいです。

 

正社員にならずパートの掛け持ちだけで生計を立てている人もいるので、どの形態で働くかは人それぞれ違いますが、安定した収入を得られる限りは、どの雇用形態でも生活はできます

私の仕事体験談

シングルマザー生活 仕事

私がシングルマザーになった時は、資格もないほとんど働いた経験も無い33歳だったので正社員にはなれず、まずはパート掛け持ち系から始め、朝4時間、夕方4時間の計8時間、交通費W貰い(自転車で通って収入源に)からシングルマザーライフを始めました。

 

朝早い、夜遅いものは時給が良かったことと、採用されやすそうな職種を選び、950円✕8=152,000円に交通費10,000円の計162,000円からスタートしました。

 

朝5時から4時間の終わったら帰ってもいい清掃のパートは、2時間くらいで終わらせて帰り、朝子供と一緒にご飯を食べてから、夜8時から12時まで家の近くの飲食店パートが始まるまでに、夕飯の用意や家事、将来的に正社員になりたいと思ったので資格の勉強、ちょっと仮眠も取り、ご飯も子供と一緒に食べれて、お昼間の子供の行事にも参加できるパート掛け持ちスタイルを5年取りました。(子供が中学を出る1年前まで)

 

そして子供が高校生になる1年前に、朝のパートだけは続けつつ、昼間不動産系の事務派遣で働いて事務経験をつけました。これは宅建の資格を取ったことと、一から自分で見つけるのではなく事務系に強い派遣会社を利用したこと。派遣会社で行っているワード・エクセル講座を無料で受けてパソコンスキルを上げたことなどでなんとかクリア。

 

そこから、1年間不動産系事務経験と宅建の資格を武器に、子供が高校生になった年に不動産会社の正社員になりました。その時40歳。賃貸会社の宅建保有者が少ないので社員になりやすいという情報を得て、資格をとるならこれだとパート掛け持ちの5年の間に将来設計したのです。

 

私は元々建築系の学校を出ていたので不動産系に進みましたが、自分なら何ができるか?を考えてみると何かみつかると思うのです。そこから糸口をみつけて、正社員になることは可能だと思います。

 

何もない所から正社員になるのは本当に難しいです。でも何ができる?どうなりたい?と自分に問いかけて将来設計する限り、何もできなかった専業主婦でもパートからでも正社員の道は見えて来ます。

 

どんなスタイルがいいのかは、人それぞれ違いパートでも正社員以上に稼いでいる人もいますから、一概にこれがいいとは言えませんが、貯金と同じでちょっと将来を考えて働いてみるということが大切かなと思います。

まとめ

シングルマザーが子供2人を育てて行く場合の生活費は、多くの人が10万~15万くらいで切り盛りしていること。高校、大学に進むに連れお金はもっと掛かり25万は見ておいた方が安心なこと。

 

そのため仕事はまずパートなどできるところから始めたとしても、ちゃんと将来設計すればシングルマザーだって正社員になれる可能性はあります。また正社員でなくても考えて働く限りは生活は可能です。

 

私が出逢った最強のシングルマザーは、家の近くで5つの飲食店パートを掛け持ちをして30万近く稼いている人がいました。「正社員になろうと思ったことはある?」と聞いたところ、何度か思ったけれど自由な時間帯の組み合わせができるこのスタイルが一番子供との時間や生活を楽しめるし、自分は飲食店で人と触れ合うのが好きだなって。

 

1箇所だけだと店が潰れたりしたら困るけれど、5つあればそんなこともない。飲食店が好きだからずっと働けるし嫌な所は転職しても直ぐ採用になるし困らない。いつか自分のお店を持って子供と一緒にお店したいんだって言っていました。

 

今彼女はパート時代に知り合ったお店の常連さんと仲良くなり、一緒にその人とお店をしています。それを見た時に働き方や幸せって何だろうなと私は思いました。

 

シングルマザーは色々生活や仕事で悩みが多いですが、変な固定観念に縛られなくてもいいんじゃないかなって、彼女の姿をみてそう思うのです。


Sponsored Link