インナーボールが痛いし入らない!使い方や代用で効果なしとは言わせない!

インナーボールを入れようとしたら入らなくて痛い!と思ったことはありませんか?

痛いと苦痛だしやる気もなくなりますよね。

 

今回はインナーボールの効果的な使い方をお届けします。これでインナーボールを使って膣トレや締め付けに効果がないと思う人でも効果を感じられると思います。

 
インナーボールが痛くて入らない場合の対処法がわかります


Sponsored Link

インナーボールが痛いし入らない場合は?

インナーボール 入らない

インナーボールが痛くて入らない原因は、最初から大きめのものを入れている場合や、膣の中が乾いていてインナーボールが入りにくいのに無理やり入れているときです。

 

実際インナーボールの大きさや厚さは男性のものに比べると小さいので、エッチができるなら痛くないし入るはずなんです。

ただ硬いので痛いなと感じる場合は、小さいものから始めていけば慣れてきますし、入りにくい場合はジェルなどを塗っていれると痛みも軽減されますよ。

 

●関連記事 ⇒ インナーボールを段階的で選ぶ

インナーボールが入らない場合はジェルを使うとスルンと入りやすくなりますし、ジェルも感じちゃうタイプのものを使うとちょっと使う度にワクワクしませんか^^

 

インナーボールが痛くて苦痛の場合は、使う時に自分も気持ちよくなれるようにすると意外に入りますよ^^

ジャムウパックならおりものの臭いも解消し、キュッと締めてくれる効果もあるので自信を持つこともできおすすめです。締まっていても臭うのはやっぱり嫌ですよね・・。

インナーボール 痛い

かわいいインナーボールと臭いや膣の引き締めもしてくれるジャムウパックとのセット。

お風呂などで使えば、膣やおりものの臭いも解消しながらきゅっと引き締まる上に、ジェルなのでインナーボールも入りやすくなるので、引き締めプラス臭いケアもできるすぐれもの。

人気のLCアイテムです。

♥LCインナーボールとジャムウパックのセットはこちら⇒ LCインナーボール

インナーボール 入らない

 

またバイブ付きのインナーボールを使うと膣トレする度に感じちゃって簡単に入ることも^^

せっかくなので楽しみながらやりたいですよね。

インナーボール おすすめ

インナーボール 入らない

インナーボールは丸いボールタイプだけではありません。楽しみながらできるものも多いですから、痛いし入らない場合は自分が気持ちよくなれるタイプのもので試してみてくださいね。

 

それでもどうしても痛い場合は、インナーボールがなくても膣トレはできますので、無理しないで締め付けを良くしていきましょう^^

その方法なども下記でお伝えしますね。


Sponsored Link

インナーボールの効果的な使い方

インナーボール 効果なし

インナーボールを入れるだけでも膣トレや締りは改善していきますが、やはり普段の生活の中でも意識して行えばWの効果で締まりが良くなってきます。

 

私も風邪を引いてくしゃみがでた時に尿もれし、インナーボールを使いつつも普段の生活の中でインナーボールを使わずに締めるトレーニングをプラスしたので、早く効果を実感できました^^

 

インナーボールで鍛えている筋肉はお尻とお腹をぎゅっとした時に使う骨盤底筋という筋肉のため、使う筋肉が違います。

インナーボールを入れてトレーニングするのが解りづらい、効果がないと感じるなら、まずはインナーボールを入れずにどの筋肉を使うといいのかを覚えるとやりやすいし、効果を実感しやすいです。

 

ここの筋肉をいま使っていると感じながら、インナーボールを使うと締めているのが段々解って来ますし、そうすることでエッチの時も意識的にここを締めようなどコントロールできるようになります^^。

 

ボディービルダーの人が筋肉をピクピク動かせますよね、あんな感じで自分でここを締めてるということが意識できれば、インナーボールも使いこなせますし、インナーボールを使っていない普段でも意識して締めることができます。

筋肉のどこを使うといいのかを解らずにインナーボールを入れてしまうと、効果ない!と思ってしまいますし、自分でも効果を実感しにくいです。

 

そのためインナーボールの効果的な使い方は、まずどの筋肉を使うといいのかから始めて、インナーボールを入れて感触を確かめると効果を実感しやすいですし、インナーボールの重さや大きさの段階も上げて行きやすですよ。

 

さらに感じるタイプのインナーボールを使うと、気持ちよくなりながらできるのでクセになりつつもしっかりトレーニングもできるのでおすすめです。

だってただ力をいれているだけじゃ楽しくないし続かないですもんね^^


Sponsored Link

インナーボールの代用になるトレーニング

インナーボールを使う前にまずどの筋肉を使うかが解れば、インナーボールがなくても代用としてトレーニングができます。

インナーボールをやりたいけれど痛い、入れたくない、インナーボールがまだ届かないけれど早く始めたい、代用できる方法ってないの?という時にはまずこれを試して、どこを使っているのか?を感じてみてください。

 

ではこの動画をみてくださいね。2箇所の筋肉を締める間隔が解ると思います^^

なんとなく解りましたか?

上に引き上げる筋肉とお尻の方へ後方に引き上げる筋肉の2箇所を意識してキュッとできる感覚をつかめば、インナーボールを使っても、使わくても締めるトレーニングができると思います。

 

何も使わずにトレーニングはできるのですが、やはり人ってすぐ忘れてしまうんですよね。

そのためインナーボールを使うと、やらなくちゃ!と思ったり、ここにあるから意識して力を入れるとどうなるかな?と考えながらできるので、意識して続けるにはインナーボールはおすすめです。

まとめ

インナーボールが痛い、入らない場合は形が大きすぎたり、ジェルなど使えば解消できます。

その他にも感じるタイプのインナーボールを使えば、意外に感じて入りやすくなりますよ。

 

インナーボールを使っても効果ないと思っている場合は、自分でどこを締めているのかをまず掴んでから行うと実感しやすいので効果を感じやすいですし、インナーボールがなくても代用ができます。

 

私もここを締めるんだなと意識しながらやり始めて効果を実感できるようになりました。膣トレで骨盤底筋をトレーニングすると背筋もピンとしますし、腰回りも細くなってきます^^

 

足もまっすぐになったり血行もよくなりますので、女性としては是非とも意識して締めておきたい筋肉ですよ^^

♥関連記事⇒ 人気のLCインナーボール口コミ
♥関連記事⇒ 膣トレと骨盤底筋の鍛え方

膣トレ

前の記事

次の記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

サイトマップとお問い合わせ

Sponsored Link